サンタナを武道館で: これも冥土の土産

さて、ゴールデン・ウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。現役時代とは違って、毎日が休みのため嬉しい気持ちも程々ですが、それでもやっぱり特別な春を感じる一週間です。そんな気分を先取りして、3日前にサンタナの武道館ライブに突撃してきました。

サンタナ2

昨年の音楽界は、ビートルズ初来日コンサートから50年周年という事で盛り上がり、律儀なポール・マッカートニーも来日して、単独ライブを各地で仕掛けてくれました。お陰様で、そんなポールを昨年は大阪公演で迎え撃つ事が出来たので、感無量でした。ビートルズ来日は1966年でしたが、勿論、武道館には行けず、悔しい思いをしました。その中学3年生の時の憂さを晴らすまでにはいきませんでしたが、ポールのライブは冥土の土産として登録されました。

これまで冥土登録( 55歳以降に目撃した洋楽の巨人達) された音楽アーティストは、ボブ・ディラン、ジョニー・ウィンター、ポール・マッカートニーと3名でしたが、今年はサンタナを加えるべく武道館に出撃しました。

思い返せば、ギタリストのカルロス・サンタナを知ったのは、1969年にアメリカのウッドストックで開催された伝説のコンサートを記録した映画からでした。日本での公開は1970年だとすると、高校を卒業して浪人していた時期に重なります。ビートルズは中学から高校生頃の思い出と重なり、高校生くらいからはロック、ハード・ロックと呼ばれる音楽が一世を風靡していきます。サンタナはラテン系のリズムに乗った独特のサウンドで、我が道を行く、孤高のギタリストという印象でした。

サンタナ

自分が65歳になって初めて生で見たサンタナはとても素晴らしく、2時間以上に亘る圧巻のコンサートとなりました。しかし、最初はのりのりで、すごく美味しいのですが、だんだんと脂ぎった食事を朝昼晩と三食も食べ続けた様な気分となり、最後は老人にとってかなり濃厚でヘビーなものとなりました。69歳のサンタナ、恐るべし!!!

という事で、ほぼ満席の武道館とサンタナを目に焼き付け、これで、2017年4月のご報告という事にしたいと思います。

春の宵 サンタナぎらつく 武道館

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中