秋、不可視?

という事で、10月もあと残すところ2日間です。寒くなってきました。

さて、この秋も家内安全を祈願して西新井大師へ参拝。初めてここを訪れたのは、42歳男の厄年でしたが、それから20年以上、毎年欠かしたことはありません。継続性のない私としては珍しいことですが、今年も祈願を申し込んだところ、護摩札が、いつもは3000円のところ、なんと5000円へと価格改定されておりました。なかなかの値上がりぶりでしたが、眉一つ動かさずお支払いを済ませ、本堂に参拝させていただきました。( ちょっと嘘が入っていますが、大体は本当です。)

この参拝、僧侶たちが護摩壇で行う祈祷を見守りつつ、本堂の畳で座っている時間は一年の中でもちょっと貴重な時間に思えてくる歳になりました。( ちょっと嘘が入っていますが、大体は本当です。)

cimg5963

さて、参拝も無事済ませたので、秋の音楽映画月間、ジェームス・ブラウン、ジャニス・ジョプリンに続き、最後はビートルズ記録映画『EIGHT DAYS A WEEK』です。今年は、ビートルズの最初で最後の来日公演から50年目にあたる年ですが、当時、中学3年生だった私が武道館ライブに行けるわけはなく、その後の人生、心残りな事の一つになっていました。しかし、なんと、このドキュメンタリー映画の最後には、1965年8月、ニューヨークのシェイ・スタジアムでのライブ映像30分が、本編109分におまけしてあり、1966年7月の日本公演を見逃した気持ちをかなり払拭する事ができました。よかった、よかった!!

この気持ち、大阪赴任時代の2010年、立ち見から30メートル先、生のボブ・ディランをZepp大阪で目撃したのに匹敵するくらいです。いずれにしろ、冥土の土産クラスです。cimg5979

さて映画続きで恐縮ですが、空前の大ヒットを飛ばしているアニメ 『君の名は』 も鑑賞してしまいました。あららっ。

cimg5983

なぜ若者向けの映画を見に行ったかといえば、この映画監督 新海誠氏とは、浅からぬ縁があるからです。と勿体をつけますが、新海誠氏が、私たちが山小屋建設でもう40年以上通っている長野県南佐久郡小海町の出身だからであります。彼は43歳という事なので、ほぼ同じ年代の一部を小海町で共有していた事になりますし、山小屋を建設しているこの40年の間に、父親の経営している建設会社、傍系の建材会社などにもお世話になっているという事情もあります。さらに、この映画の一場面に出てくる旅館の様子も、こちらが懇意にしている小海町、松原湖湖畔に建つ現地の旅館に似ていたりして、縁を感じています。そうそう、この映画は10代の恋愛感情も一つのテーマとなっています。

二本の映画、<ビートルズ記録映画『EIGHT DAYS A WEEK』>、<君の名は>、ではもう過ぎ去ってしまった10代の記憶が甦り、今年の秋の文化祭活動はちょっと感傷モードで終了します。ではでは、またね!!

10代の 君の名問えば 秋不可視

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中