千ベロ発掘、再び!

四月ももう今日で終わりです。早いもので、大型連休に突入しています。

一昨日、寒い雨の中でしたが、実家の老人支援と元職場の定年退職者宴会があり、ダブル・ヘッダーで最初は横浜・上大岡、次は恵比寿と転戦しました。まずは実家の用事を終わらせ、その移動の隙間に、倶楽部活動を開始して、実家近くの上大岡駅近くへ出撃しました。( なんかさぁー、実家支援とか言ってるの、うそっぽいね??      いえ、そんな事はありません。)

ここ上大岡で、今までの訪問物件には、酒屋の立ち飲みで“成田屋酒店”( 未紹介ですが、3回くらい訪問。かなり渋い乾き物、缶詰ツマミ中心で、女将がちょっとうるさい角打ち、) 、そして私、千ベロ立ち飲み認定“国民酒場 じぇんとるまん”( 照会済み) がありますが、なんともう一軒、千ベロ酒場を発見しました。上大岡、恐るべし。して、その名は、“中村屋”。 結構、有りそうで無い酒場の店名でありやす。

nakamura

なななんと、キリン・ラガー、アサヒ・スーパー・ドライの大瓶が400円です。その他、日本酒も1合 220円という破格値段、大瓶1本飲んで、熱燗2本飲んでも、まだ840円という価格になります。これに、ここのポテト・サラダが110円、小さなキス(2尾)の焼き魚が100円など、その他の100円台のツマミも充実しています。

昨日は、ダブル・ヘッダーのため、中村屋では試し飲みで、どぶろく1杯( 300円)を注文して 試合開始。ツマミは 好物ポテト・サラダ、そしてキスの焼き魚で、計510円のお支払いで、薄い酔いにて撤退。ここ中村屋は本気になれば?、1500円位でベロベロ一歩手前になれる、間違いなしの千ベロ店に認定します。

場所は、鎌倉街道の1本北側を平行に走っている道路沿いにあります。こんな場所に、こんな酒場があるなんて。しかも昼12時から夜は10時まで、水曜定休で、土日も営業とくれば、かなり使える酒場であるのは間違いありません。既に紹介済みの“じぇんとるまん”は駅が近いので、かなりの混みようですが、ここは駅から徒歩で12-3分は掛かり、それほど混んでは居ないので、静かに飲みたい孤独系の人には、うってつけの酒場であります。立ち飲みでないのが残念ですが、上大岡駅で降りたら、要訪問です。

雨上がり 千ベロの春 傘仕舞う

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中