入社40周年イベントも終了!!!

更新が滞っておりますが、いかがお過ごしですか。

こちらは、やっとやっと、と言えばなんですが、定年退職以来、気になっていた一大イベントが先週の日曜日に終了してホッとしております。某メーカーに入社して40年目となるのが今年だったのですが、その記念に企画された同期会イベント、なんとか満足出来るレベルで終了しました。( 早くも自画自賛じゃねぇーの?  うるへー、それとね、この駄ブログ、更新希望が同期会であったので、早速、対応しやした。 嘘じゃないよ。)

ただ集まって飲むというのでは面白くないという同期達に囲まれているので、幹事団の一員としてそれぞれが、2年前の全同期へのアンケート調査から始まり、アンケート集計、場所決め、時期決め、会場・会費決め、同期会のコンセプト組立、同期バンド中心の宴会組み立て、浜松出張打ち合わせ、費用交渉、などなど山積みの問題を幹事団でクリアーしてきました。私としては、現役時代の仕事では決してしなかったキメ細かさ!!( あのねー、それって、幹事やってたら普通じゃん!!   うるへーぇ! それにね、企画途中から宴会司会だけじゃなくて、代表幹事にもなってたんよ! )

開催日は先週の土曜日と日曜日、場所は某メーカー関連施設、勝手知ったる静岡のリゾート「つま恋」でした。

image

全国から集まった暇な同期は28名、それに懇親会でのバンド演奏助っ人に2名、総数30名が「つま恋」の一夜を過ごしました。これまでの節目にあった過去の同期会、そのサブタイトルには、それなりにエロっぼい感じで、ローリング・ストーンズの「Let’s  spend the night together」を採用していましたが、今回はビートルズを下敷きにして

          1975年入社 全国同期会
「40年目がやって来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ! A Hard Day’s Night」

という長いタイトルにしました。これを決めるだけでもあれこれ同期の主張が乱れ飛びましたが、なんとかこの線に落ちつきました。このタイトルの狙いは、入社以来、それぞれの苦節40年の物語を、一晩に紡ぎ出そうという事でして、受付開始の15時から直ぐに飲めるルームを確保してもらい、さらにメイン懇親会の終了する21時半からは、深夜24時までたっぷりと同期と過ごせる深夜談話室も続いて確保してもらいました。( そして懇親会では、入社して初めて配属された地域別で全員に2分間のスピーチをお願いし、40年前の新入社員にタイム・スリップ。)

こうやって幹事団の自慢話を垂れ流して行くのもなんですが、次の画像は、2分間スピーチも終わり、お待ちかね、懇親会のバンド演奏タイムです。このバンドの昭和歌謡が炸裂したのは20時半から約40分間、同時刻、関東地区の震度5クラスの地震も知らずに、楽しい夢のひとときでした。

image

この同期バンドは即席で結成されたのですが、ボーカルとドラムが助っ人でした。但し、歌姫のミッチーは、5年前の全国同期会にも来て貰っていたので、我らおじさんたちのツボを心得た、すんばらしい歌唱を披露してくれました。生バンドあっての、同期会の盛り上がりを再確認しました。

image

そしこの画像、少し派手なバンド演奏の後に、歌姫と別の同期によるアコースティックギター伴奏で、ちょっとしんみり、五つの赤い風船「遠い世界に」を披露して貰いました。

本来の歌の意味には含まれていませんが、思えば、この40年間で4名の同期( 正確には5名)を病気などで失っています。いずれ我々も赴く 「あちらの世界である=遠い世界」、この曲が彼らの供養、そして自分たちにも訪れるその時には、葬送曲になってるじゃないと思って聴いていました。

さてこの懇親会で司会を18時半から進行して21時半に終了。さらに深夜談話室に移動して24時までワイワイと話し込み、さらに宿泊部屋に戻り、同室の4人と午前3時まで雑談という事で、長い長い夜となりました。翌日はバイキング形式の朝食の後は自由解散となりましたが、これで最後の全国同期会が終了したかと思うと感無量でした。

気持ち的には、ここ数年のもやもやっとした重圧から解放されたし、最後の全国同期会をやり切ったという疲労感もありますが、定年退職した日常がこれで戻ってきた感じです。なになに? また同期会をやってくれって?   それはボブ・ディランじゃないけど、「風に聞いてくれ」という事にしたいと思います。( えっ、ディランの名曲「風に吹かれて」に、こんな些細な事と関連させるなよって? こりゃ、失礼しました。)

そして最後に、ヨイショしますが、良い会社と良い同期に恵まれて幸運で、幸福でした。40年前の使えない人材が、こうやって同期達に混ざって卒業して、今、娑婆でウロウロさせて貰っています。多謝!!!以外の何物でもありません。

  A Hard Day’s Night

It’s been a hard day’s night, and I’ve been working like a dog
It’s been a hard day’s night, I should be sleeping like a log
But when I get home to you I find the things that you do
Will make me feel alright

追伸: 同期達との久々のセッション、それはしんどくも楽しい一夜でした。しかし、本音を言うと、今はちょっと寂しい気分かも。 いつか、また、そう今度は何処かの暗い酒場ででも会いたいね!では!では!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中