2013年も最終コーナー

郵便局のバイトが24日でやっと終わり、一息ついてしている内に、もう29日となってしまいましたが、いかがお過ごしですか。

2週間前の12月15日に、雪の国道299号線経由、松原湖の現地忘年会から帰還してからも、2回の忘年会と友人ライブへ突撃しましたが、いずれもバイト勤務日と重なりへとへと。それで今年の忘年会もフィナーレかと思いきや、しぶとく、昨日はシニアサッカー練習試合で調布へ行った後に、池上で探偵団の酒飲み支部特定秘密忘年会があり、やっとこれで本年の忘年会は大団円となりました。

( 年末飲むためにバイトをしているんじゃね?偉い、偉い。   そっそう言えば、そうなりますが、、、、とほほっ)

image

ちょっと前になりますが画像は、松原湖畔の宿 「立花屋」さんでの現地忘年会の様子です。画像には写っていませんが、右側にカラオケ機械があり、そのカラオケはなんとここ20年くらいの新曲はなく、ただひたすら懐かしい曲しか収録されていないという素晴らしいカラオケなであります。

このカラオケがあるお陰で、現地忘年会は夕刻6時から深夜0時過ぎと、延々と6時間以上続き、ひどい時には「あ」行から全曲進行という荒技に突入しやす。誰も歌えそうもないレトロな演歌などが流れると、顔と顔を見合わせ、一瞬の間のあと、無情にも切られてしまう楽曲が続出するのでやんすが、とにかく深夜まで、旅館の人にも見放されたカラオケマラソンが続くわけであります。6時間も。くふふふっ。

しかし、ここでしか味わう事のできない昭和歌謡限定のカラオケ6時間忘年会は、団員達の永遠の団結の源でもありやす。ちよっと嘘が入っていますが、大体は本当です。

という事で、私はいつもの様に「ロンリー・チャプリン」を歌ったのでありやした。この曲は男女のデュエット曲なのですが、山奥の宴会場では、マイクを握り見つめ合うオヤジとオヤジの絶唱?となりました。

そうそう、この曲の歌詞にある「見果てぬ夢がある限り」というフレーズを歌う時、いつも何か思い出せないけど、とても大事な約束がそのままになっているような気がするのですが、果たしてそれは、、、、、、、、。今年も思い出せずに、年が過ぎて行きそうです。

  年の瀬や ロンリー・チャプリン 続く夢

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

2013年も最終コーナー への2件のフィードバック

  1. 少年探偵団 P より:

    夜半、微熱の頃を過ぎても

    完結していない気がする・・・

    昨夜の秘密会お疲れ様どぇした、秘密保持法案で全員逮捕投獄されそうなお話もあったとかなかったとか・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中