駄僕、打撲です。

おはようございます。すっかり秋も深まって参りました。

こちらはお元気ではなく、先週末のサッカーの試合で、相手選手と正面からボールを争う形で激突、相手の膝がこちらの太股に当たり、打撲で負傷交代となりました。とほほっ。

数日は歩くのも 「痛っ、痛っ」という感じで、打撲したところ一部、内出血して赤く、さらに本日は打撲したところが全体的に黄色に膨らんでおりやす。とほほっ。という事で、やはり年寄りの冷や水には、こんなリスクもありやすので、気をつけませう。

さて、画像は「山形風 芋煮鍋」であります。10月の松原湖遠征で初めてトライしましたが、今一納得出来なかったので、家で2回作ってみましたが、やっとある水準へ!

image

ポイントは、最初に鍋にサラダ油を入れて牛肉を炒めるところにあります。肉を炒め始めたら、醤油、砂糖、みりん、日本酒を肉に絡ませます。そして、牛肉が半分くらい色が変わったら、鍋から肉を一旦、引き上げます。そしてその鍋に、笹がけゴボウを入れて、鍋に残った調味料味でこちらも炒めます。こうする事で、肉の良い出汁、ゴボウの香りなどが鍋に深みを加える様になります。この後、また炒めた肉を鍋に戻し、こんにゃく、里芋を加え、具材がヒタヒタになるくらい鍋に水を注ぎ、そして煮込み開始です。肉や野菜から出る灰汁をとりつつ、さらにシメジ、ネギを投入し、醤油、みりん、砂糖で味を整えて、さらに煮込んで完成です。

という事で、夕刻に台所で調理開始しましたが、鍋の煮え具合を試し食いしながら立ち飲みするというは、秋~冬の幸せざんす。皆さんも自宅立ち飲みで、家飲みにバリエーションを加えてみてはいかがですか? 

えっ、余計なお世話だって? こりゃ 失礼しました!

さて今週末は、定年退職した会社の仲間と共に、山の会の納会山行があります。場所は、恒例の奥多摩、日の出山ですが、一昨年から日の出山にある山小屋を貸し切り、一泊宴会としています。この小屋での夕食は、豪華すき焼きを予定していますが、「芋煮鍋」で鍛えた技で、すき焼きも調理可能なのか、果たして!!??また下山後にご報告します。ではでは!!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中