探偵団、発進!

という事で、先週の土曜日、午前中は渋谷でフットサルの練習して、それから自宅へ帰り着替えをして川崎へ向かうというダブルヘッダーで大忙し。その日の14時から始まった松原湖少年探偵団の年次総会では前年度決算、新年度予算も了承されて、いよいよ新年度の活動に入る事になりました。

image

image

総会は、川崎側から多摩川の眺望も得られる10階の会議室を毎年借りて行われます。私めは、浮き世の生活が長くなってきたので、久々の座りっぱなしの会議にもぞもぞしましたが、会議の内容は自分たちの遊びに直結しているのであります。もぞもぞを追いやり議案を注視すれば、やはり老朽化してきた山小屋の基礎部分をどう改修していくという事がメインとなりますが、もはや、素人建築集団の自分たちでその対応は無理と判断し、業者依頼して見積もりし、その後は積立資金と相談という事になりました。

昨年に続き農園も団として借りる線に落ち着き、隣地活用は決め手がなく、もうこうなると議論する内容も乏しく、もぞもぞは拡大していくぞなもし、という事で17時の近場懇親会がちらちらとチラつきだします。それは団員すべての願いともなるし、新年度予算も業者見積もり次第という暫定なので、そそくさと残りの議案を片づけて、16時半、新年度親睦会へ繰り出す事になりました。(どこが真面目に遊んでいるのだ!結局は飲むだけじゃん!  うるへー。結果はそう、そうだが、、、、、そのー飲むまでの経過が大切なのだ!わん!)

という事で、近場の会場で5000円飲み放題の夜は更けていく、ワシントン広場なのでありました。そしてワシントン広場は、歌声広場に場所を変え、深夜23時頃、総会のすべての予定は大団円を迎えたのでありました。

それでは、不肖ヨーガ、歌声広場で歌った歌をここに掲載します。

ロンリー・チャプリン   作詞 岡田ふみ子 作曲 鈴木雅之

遠くを見る目に 風が映る
いつかそんなことがあったね
窓辺にもたれた あなたの顔 私だけに見せる哀愁
ロンリー・チャプリン
時が過ぎ あなたが消えても きっと待つわ

少年のように ほほえんで
あなたの帰る場所は 私の胸でしょうね
見果てぬ夢が ある限り
Oh, Do what you wanna do again Oh, Do what you wanna do again

コバルト色した 空をながめ 指を折って月日を数える
あなたは私を 恋人じゃない 友達さと言うけど違うわ

ロンリー・チャプリン
あなたから 愛され私は 変わったの

二人をつなぐ あのメロディー どこから聞こえるのか
いつかわかるでしょうね

見果てぬ夢が ある限り
Oh, Do what you wanna do again Oh, Do what you wanna do again

という男女で歌うデュエット曲を、私と男二人で歌ったのですが、老年の男だけのカラオケ、とほほっ、と言えばかなりな、とほほっとでしたが、しかし「見果てぬ夢があるかぎり」に続く、この英語の歌詞、「 自分がやりたい事をもう一度すべきよ! 」 という示唆は鋭く、その答えはクルクルと定年後の風に舞い、川崎の深い闇に吸い込まれていくのでありました。

   チャプリンと 深夜電車に 冬の月 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

探偵団、発進! への2件のフィードバック

  1. MARK AKIYAMA より:

    それで、多摩川べりでミッションを言い渡されたCグループは
    結局南極、任務を遂行できたのかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中