久々、千ベロ立ち飲み発見!

昨日は午前中に家を出て横浜に出撃。実家で細々(こまごま)と老人家庭のヘルパーして、その後、夕方に京急の上大岡駅へ移動!ここでなんと、千円でべろべろになる店、千ベロ店を発見する事になるのでした!

まず駅の裏通りに立ち飲みを発見。まだ夜の予定まで時間はあるし、本日のヘルパー疲れを言い訳に、店に突入。既にカウンターは満員に近い状態。

早速、ハイボール・シングル(250円)と、まぐろと牛蒡の炊いたもの(200円)を注文。いい感じで夕方15時半に飲酒開始しました。しかし、この日の夜には、探偵団の新年会もあるので、濃く飲むつもりなど毛頭無く、用心深い飲酒作戦を開始。しかしのっけからツマミの選択にミス、まぐろの炊いたものが好みではなかったので、軽いつまみの青唐辛子の味噌漬け(100円)を頼んだのですが、これが千ベロへの引き金になるのでありました。本当に、61にもなって展開の読みが甘いのであります。ここまで小計は、550円です。

軽い気持ちで注文したこの青唐辛子がですね、味噌の量が多く、ハイボールでは持ちこたえる事が出来ず、戦線は拡大して、芋焼酎の桜島をシングルロック(180円)にして前線に投入。これで小計、730円であります。この焼酎ロックで味噌を舐めつつ、戦線の縮小を目指しますが、この味噌は結構味が強力で、このままちょびちょびした味噌舐めでは、芋焼酎でも制圧が難しい事が判明します。

むーん。それでこの青唐辛子味噌を大量に消費すべく、大根のヌカ漬(100円)を注文。これで小計、830円であります。このヌカ漬け大根の上に味噌を盛り、味噌勢力の消耗を図ります。この作戦が効を奏して、結構いい感じに濃い味噌は浅漬けの大根とマッチして、味噌勢力は確実に減少の気配を見せ始めました。

しかし、しかし、大根に味噌を塗っては食べ、塗っては食べても味噌達は依然小鉢にへばりつき、半分以上が戦線に残っています。

むーん。すでに芋のロック兵士達の姿は前線にはなく、それでも本部からは撤退の指令が出ないため、さらなる勢力の投入となるのでした。本部はこの日、一番のアルコール濃度、ニッカのウィスキー、クリアブラックのシングル(100円)をロックで選択、その投入を決断します。それにしても、安い!これで930円であります。

これで完全制圧かと思われましたが、味噌勢力はとんでもない強力な防衛線を引いていて、食べても舐めても、小鉢にはまだまだ味噌が残る展開です。そしてニッカのウィスキーも底を尽き、泣く泣くギブアップ。前線ではツマミも酒も残してはいけないという清貧派兵士訓を守れず、無念の撤退を決意しました。それにしても、ツマミ3つに、ハイボール、芋焼酎、ウィスキーと飲み物3つで930円というのは凄すぎです。

千ベロとは、千円でベロベロに酔うという意味で、敬愛する故中島らも氏が雑誌企画で生み出した造語でありますが、らも氏亡き後の千ベロ店は千円台で飲める、例えば1980円で酔えるというような柔な表現に変わってきていましたが、ここは正真正銘の千ベロ店でありました。このオヤジ、計930円でベロベロ一歩手前で、あとウィスキーをダブルで1杯、200円使って計1130円となりますが、これで討ち死に間違いなしという、手強い立ち飲みの千ベロ酒場のご報告でした。

image

この千ベロ酒場の名は、国民酒場 じぃえんとるまん 。昨日は老人達がわんさかの人気でして、今までの格安立ち飲み酒場の中でも、ツマミの種類(100円台も沢山ありますが、 なんと活き穴子の天ぷらなんてのも、その場で一匹さばいて600円でした)、酒の安さ、兎に角ですね、ピカ一の実力店としてここに掲載します。こんな店が実家のある駅裏にあったとは大変に不覚でした。

 千ベロは 老人天国 酒地獄

この後、酔いを覚まして松原湖少年探偵団の新年会(1月度運営委員会を兼ねた)に参加のため、池上へ向かったのでした。ひゃー、とにかく日本の酒場は奥が深い!

追伸:今週は火曜日にも、10年ぶりぐらいの仲間と渋谷で韓国酒宴会があったのですが、昨日の千ベロ店が強烈なため、割愛させていただきます。いゃー、12月も忙しかったけど、1月も忙しい。( あのねー、自分で自分の首絞めてるだけだよ。    うるへー。)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

久々、千ベロ立ち飲み発見! への2件のフィードバック

  1. shida7th より:

    昨日は、京急蒲田近くの「IZAKAYA オーライ」で道草を食ったので1830に間に合わずすみませんでした。ビール(コップ1杯)、燗酒(コップ半杯)、ししゃも(3尾)、明太チーズポテトとお通しで525円。これから、月例の運営委員会の時はここに寄ってから、ということになりかねません。

    • ヨーガ より:

      運営委員会、お疲れ様でした。
      100円居酒屋、なかなか量に工夫がありますね。最初に行った時は日本酒もビールも頼まなかったので、酒の量が分からなかったのですが、無茶苦茶な値付けでは無さそうで、多少、安心しました。確か、ハイボールの量は少な目だったけど、特に不満はありませんでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中