今夜も体育祭なり!

さてサッカーで初めて、おフランスに劇的に勝った余韻がまだまだ続いています。

あの親善試合を振り返ると、一番のクライマックスはゲーム終了近くに起きたのでした。仏側がこれでもかという攻撃を何度も続け、コーナーキックから舞い上がったボールは日本のゴールを脅かしたのですが、密集の中、こぼれ玉が落ちてきたのを今野が拾い、自陣の深いところからドリブルで独走を開始します。そして今野はグランドのハーフラインを突破し、前方で待ち受ける香川が中央右側から中央左側に斜めに走るのを確認した後、空いている右サイドを駆け上がる長友の足先へドンピシャのパスを送ります。そこから長友はシュートを打つタイミングで、ノールックでペナルティエリア中央付近に走り込む香川にこれまた素晴らしいパスをダイレクトで折り返し、香川は倒れ込みながらボールをゴールに蹴り込みます。劣勢を重ねた日本のゴール、一瞬の出来事に会場は騒然となりました。組織で奪った会心のゴールに、テレビ前のオヤジもわなわなと腰を抜かす程の出来事でした!

image

という事で、親善試合の1-0でしたが、気持ちとしては格上相手に大逆転劇を演じたような勝利に3日間も酔いしれています。こうなるとその刺激は、年寄りの冷や水であるフットサル練習、自主トレに向かうのであります。まるでガキというか、そのものです。画像は1人トレーニング会場の砧(きぬた)公園です。ここで、オヤジが朝6時に1人でボールを蹴っているのは不気味といえば不気味ですが、1人で社交ダンスを踊っている中年男もいて不気味度はそちらの方が断然上であります。(あのねー、どっちも公園では目障りだと思うよ! ひぇっ!とんでもない!)

image

さてこのシューズはサッカー練習用シューズです。生まれて初めて8月に購入しました。7月に雨で滑る人工芝に手こずったのと、土のグランドにも流用出来ると思って買いました。靴ひもを締めるのは中央ではなく、やや親指よりの変則的なものですし、つま先の方には細かいギザギザ部分があり、ボールと摩擦をおこし易くなっています。そしてソールはスパイクではありませんが、数ミリの高さのポイントみたいなものが複雑に配置されていて、地面と噛み合うようになっています。

これを履いてうまくなったと言いたいのですが、修行の道は遠く、今だにミニゲームでパスを貰うとパニックとなる事も度々です。靴が良くてもね、とほほっ状態が続いています。

以上、秋の朝日を浴びながら練習に励んでいるというご報告でしたが、秋の体育祭、今夜はブラジル戦です。もしフランスに続きブラジルを破る事になったら、世界のサッカー界は大パニックとなる事、間違いなしであります。そうなったら公園でボールを蹴るオヤジも一気に100人くらいになるかも知れません。(あのねー、サッカー以外の記事ないの? うるへー)

    公園に 落ち葉舞い下り 一人蹴り

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中