8月の歌

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
こちらは来月の9月中旬になると、退職してから丸1年経つ事になりますが、仕事をしていた日々がつい昨日の事の様だったり、遠い昔の事のようだったりと思いが交錯して、意識が時々、弾厚作したりしてしまいます。
そんな8月に聞きたいと思う歌は、「君といつまでも」ではなくて石川セリの歌う「8月の濡れた砂」であります。

8月の濡れた砂

わたしの海を まっ赤に染めて
夕日が血潮を 流しているの
あの夏の光と影は どこへ行ってしまったの
悲しみさえも 焼きつくされた
あたしの夏は 明日もつづく

この歌は、1971年に封切られた同名の映画の主題歌でしたが、スローなメロディー、石川セリの気怠い歌声は過ぎていった夏の出来事、そしてちょっとした後悔や喪失感を思い起こさせてくれるのであります。(あれれっ、結構、感傷オヤジになっているね!? うるへー!)

この60歳の夏も、また夏の思い出として残っていくのかどうかは不明ですが、昨夜も結局、良く飲んだという事実は残りました。( 結局、それなのね。 うるへー!)場所は元職場の泉岳寺から徒歩圏内、三田の学生街にある立ち飲み「たけちゃん」で試合開始。メンツは港のヨーコ、六本木のMASA、という20年以上前の横浜職場時代の集まり。

image

ここ「たけちゃん」は大阪出身のマスターで串揚げを自慢していますが、大阪の地下街で食べるのとは違い清潔な感じなので、微妙に何かが違うのが残念ですが、とても繁盛しておりました。その後は、グリル・バーと魚中心の立ち飲み、と結局3軒ハシゴして金曜日の夜を終了しましたが、この三田の繁華街、使える酒場を確認できて収穫でした。

image

さて、このポスターは昨年9月まで赴任していた大阪でファンになったブルース・マン、マッド・ハープ加藤さんのライブ告知です。8月11日、12日に中野で東京上陸ライブがありますが、私も11日に駆けつける予定です。暇な方は、ぜひぜひご一緒しませう。ボクサーのような、ホームレスのようなその風貌から繰り出す圧倒的なブルースのフレーズが今から楽しみです。

追伸:おー、明日は朝から元職場の山の会で八王子方面へハイキング、夕刻は四谷で同期バンドのライブ見学の予定ありと、定年してからもう1年経とうというのにスケジュールがパンパンで嬉しい限りっっっ。(あのね、忙しいなら行かなければいいんでしょ! うるへー、今はフル回転なのだ!ょ)

という事で、明日のこころだ!!!  

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中