多忙、多忙、はた坊だじょー!?

梅雨入りのトーキョーに日曜日の昼間に帰還しました。

image

松原湖の山小屋では、昨年10月に亡くなった団員への追悼のための記念植樹、夜の追悼カラオケ、そして現リハビリ団員の山小屋復帰サポート、さらに炭火焼き宴会、農園の雑草取り、そして新しく枝豆とカボチャの植え付け、と工事はほとんどないものの、それなりに忙しく、朝昼夜ビール、ヤッホーの湯へ入浴、昼寝もしつつ無事に現地メニューを消化して終了。( あのー、ビールや昼寝って忙しいの? 人生先がないので忙しいのぉ!)その後は、私だけトーキョー実家近くの夏祭り見物のため、一足早く帰京しました。

そうそう画像は探偵団の農園です。ジャガイモもネギも順調に育っていると思います。なんちゃって農業ですが、秋のイモ煮会が楽しみです。

普通、団員の移動手段としては、数台の車に分乗して移動しますが、ヨーガの場合、車の免許どころか何の免許も持たない日本無免許男であります。当然、一人の時は国鉄やバスであります。(あのねーJRっていうんだよっ!)山小屋から車で松原湖駅まで送ってもらって、高原列車を待つのですが、人っ子一人いない駅で、列車待つのもぉ~待つのうち~♪と歌いませんでしたが、30分ほどベンチに座っているスローな時間の経過は現役の時には感じない幸福感をもたらしました。 

image

久々の松原湖駅、昔は駅舎もあつたのですが跡形もなくなり、そこには小さな東屋みたいな待合所があるだけでした。売店はおろか、トイレもなく、ホームの向かい側の茂みにはなんと黒いキジが一羽現れて悲しげに鳴いてくれるので旅人モードは突然の全開であります。

  キジ鳴けば 記憶の駅舎 曖昧に  

image

という事でここから高原列車に乗り、佐久平経由、長野新幹線に乗り自宅まで帰ってきましたが、このスローな列車待ちと乗り換えた新幹線のスピードがギャップとして心に残りました。そして祭りは、江戸の三大夏祭りの一つ、鳥越祭りであります。

image

して圧巻の千貫御輿、宮入のための火入れを間近で目撃。そして担ぎ手が変わったとたん、御輿を高く差しあげる江戸流の力技にほれぼれ。そして御輿が動き始めると綺麗に上下して、金色の飾りもきらきらと輝き、この御輿は江戸の華そのものであります。

image

長野から戻って即、神田・秋葉原の鳥越祭りでしたが、酒を飲みつつ初夏の風を大いに感じました。

      御輿の灯 行き交う人も 赤い顔 

追伸:さて明日から家族の居る富山へ行って参ります。忙しいねぇー、しかし代表も頑張ってるし、こちらも がははっ と頑張ろう。(よく遊ぶねぇー!?  いや明日は労働だす!)
   

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

多忙、多忙、はた坊だじょー!? への1件のフィードバック

  1. shida7th より:

    今回は小海駅からでしたが、一時(数年前)は、松原湖駅をよく使っていました。駅からとりあえず湖畔まで、立花屋さんか案内所で一休みして山小屋へ。帰りは一気に駅まで。なかなか楽しい1時間ほどです。
    もともと普通の駅だったのに、いつの間にか人がいなくなり、駅舎も取り壊されて現在に至っていますが、ホームは昔のままですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中