今週は休み?

今月は結構、外遊?というか外出が多く自宅にはあまり居りませんでした。( 自分で計画してんだからしょうがないね。   ふぇ)

一週目は長野県松原湖で借りた農園の畑始めと山菜の下見、そしてソロ・キャンプの三泊四日、二週目は探偵団の工事ツァーで同じ松原湖へ二泊三日、そして三週目は岩手県沿岸部へのボランティアで三泊四日という事で、久々の外出ラッシュでした。

それで今週は自宅でまったりかと言えば、今住んでいる老朽化した集合住宅の給水管の工事があり、あたふたとして工事日の火曜日・水曜日を迎えました。両日とも工事の人が部屋に入り断水となるのですが、その準備で、日曜日から給水管のある水道メーター周り、トイレ、洗面所、風呂、台所、ベランダ給湯器周辺の掃除や荷物整理でてんやわんやの自宅掃除隊でありました。

集合住宅の水道管は経年劣化で錆が出ており、錆の除去と水道管内部のコーティング工事が必要でしたが、この工事をすれば、給水管の耐久年数は後10年延びるという事です。さらに10年後には、給水配管本体の取り替えが必要になり、その工事となると各部屋の壁や床を剥がす大工事となります。

定年後にリフォームをする家庭が多いですが、ヨーガ自宅では何もしていなくて正解だったかもしれません。なぜなら10年後に壁や床を剥がすなら、今、室内のリフォームしておくのはもったいないという事になるからです。

今回この工事の二日間は、半日は完全に断水、あとの一日半は仮設の水道栓が玄関の外、共用部の廊下に設置されるので、水はそこから供給される事になりました。断水の半日、飲み水はペットボトルで買い置きがあり、トイレ用には風呂に水を半分くらい溜めてあるので、毎回外に汲みに行くこともありませんでした。二日間とも風呂などに必要な温水は出ませんが、半日の断水を除けば廊下の仮設水道栓で水を調達することが出来たので、不便といっても極小と言って良いと思います。

しかし、トイレ使用後にバケツで水を流し、またバケツに水を補給する、この程度でも不便を感じました。被災地では何ヶ月も水道が出なかった現実を考えると、首都圏直下型地震が想定される今の生活を考え直さないといけないと感じました。

勿論、備品としての使い捨てトイレや貯水用のタンク等の購入、飲み水の買い置き確保もありますが、気持ちとしての臨戦態勢です。錠剤洗浄じゃなかった、常在戦場であります。平時でも戦さをしている時の緊張感、覚悟を持って暮らすという事であります。

と言うことで、例えば外出して街場の居酒屋に居たとします。そこに常在戦場を持ち込むとどうなるのでしょうか?早速、明日、横浜で試してきたいと思います。(えっーー、この水道工事が長い長い前フリで、明日はただ飲みに行くという事じゃないすか?それで常在戦場とか言って、相手に飲まれる前に飲むとかで〈一気飲み〉したら、ほんとに怒るよ!   うーん、バレてるね!)

    速きこと 酒のゴト師 街の春   

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中