遠野より帰還 番外編

ボランティアから帰還して5日間が経ちました。

現地では毎朝、100名前後のボランティアが集まり、支援活動に従事していましたが、平日の動員としては、昨年12月に来たときよりも人数が多いと感じました。ここ〈遠野まごころネット〉の組織力、継続する力、集まったボランティアに敬意です。

余談ですが、昨年ここから帰る時に無くなっていたスニーカー靴を下駄箱で発見しました。前回は、ボランティアで来たのに靴が無くなり、長靴を履いて帰宅しました。遠野の後味が少し悪かったのですが、靴が遠野土産となりました。

お土産と言えば、大槌町の酒屋がオリジナルラベルで販売している〈復興酒〉もお土産です。

image

大槌町の津波被災のシンボルである打ち上げられた観光船をラベルにしています。製造元は遠野市の〈上閉伊酒造会社〉で、ここで醸造している〈国華の薫〉をベースにした特別純米酒です。そして販売元は、昨日紹介した赤浜小学校の側にある岡本酒店で企画し、復興のシンボルとしています。この復興酒、探偵団の今月末の運営委員会にお土産としますので、団員の方はお楽しみに!

image

そしてこの画像は、遠野みやげの缶バッヂです。イラストは〈座敷わらし〉ではなく、酒瓶で遊ぶ〈座敷おやじ〉です。今回は団体参加だったので、何人かと連れだって、駅のベンチ飲み含めて、良く外飲みました。なにせ施設の広間では禁酒でしたので、そこでは寝るだけの〈座敷おやじ〉でしたが、民話の故郷、遠野には河童、座敷わらし、おしら様、神隠し、数多くの不思議な物語があります。ボランティアで行かなければ多分、訪れなかったこの遠野ですが、遅い春が訪れた山は山桜など自然が美しく、ドブロク特区でもあり、不思議な遠野物語の雰囲気を味わうべく、また再訪したいと思うのであります。(そーしなさい。珍しく役に立っているかもしれません。)

  遅い春 ドブロク沁みる 遠野かな

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

遠野より帰還 番外編 への2件のフィードバック

  1. より:

    ボランティア御苦労さんす
    毎回ご報告を楽しみにしてます(運営委員会のお土産もね)

    私は、個人的事情にてボランティア参加が不可能なので、何かしら出来ないものかと考えておりましたが
    先日、”復興ファンド”に参加いたしました
    詳しくは運営委員会で・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中