連休終了!

連休も終わりましたが、皆様いかがお過ごしですか。

こちらは連休の後半に長野県へ出撃しました。所属しているおじさん集団〈松原湖少年探偵団〉の活動であります。まずはこの春の山菜の状況把握も大切な活動なのですが、今年は初めて、地元町役場企画である農園を年間で借りる契約をした事で、この農園の立ち上げがヨーガの担当となりました。

image

これがその農園のための村看板です。八ヶ岳の麓という意味と、〈やっほー〉を掛けた八峰村であります。5/6朝の画像ですが、看板とともに激しく雲が流れていくのが確認できます。この後、昼頃には雷雲と激しい雨に変わる前兆が見てとれます。

image

さて、画像はベテランの農家の方による畑の作り方実演です。約20組くらいの農園参加希望者が集まりました。この1年間は、この全員が八峰村の村民という事になります。因みに村民料金は年間1万5千円で、ほぼ毎月イベントも付くとのことでとても参加しやすい仕掛けがしてあります。

image

これが割り当てられた畑です。ネギの苗を一列植えたところで、最終的には右側の畝にも、もう一列ネギの苗を植えたのでネギが二列となります。このネギの左側には、ジャガイモ(きたあかり)の種芋が一列、さらにジャガイモ(男爵)の種芋が一列と作付けをしてあるので、合計四列となっています。ぜいぜい。この野菜を無農薬で化学肥料も使わないで、がんばりまふです。( それより無事育つか心配だっちゅーの)

この農園付近ではまだ霜が降りる事もあり、標高も1200メートルくらいの高原にあるので、アドバイスにより寒さに強いジャガイモとネギを優先しましたが、その内、枝豆やピーナッツなど麦酒の友も作りたいと下心に燃えています。今回参加の団員は3名でしたが、2名は連休の高速渋滞を避けて農作業前に離園したので、中腰での植え付けは単独での作業となり、最後は辛くてとほほっ状態へ。今日も太股は痛くてぱんぱんであります。

image

さて農作業も終了した午後2時頃、農園のすぐ近くにあるオートキャンプ場でタープと蚊帳テントを張りました。さすがに練習を何回かしてきたので、綺麗じゃないすか。このキャンプ場はオートキャンプ中心なので、ヨーガみたいな自然志向の単独キャンパー向きでなく、最初はもっと山奥にある山小屋のキャンプ場を考えていました。しかし、移動する気力はとっくになく、一泊525円を払って堂々の野宿を宣言しました。おらー、ここで泊まるもんねぇー。( はいはい、そーしなさい。)

実は探偵団の山小屋もこのキャンプ場から徒歩20分くらいのところにあり、屋根付き、布団付き、ストーブ付きで泊まれるのですが、買い揃えた野宿道具を実践する日としました。

image

そして夜はほぼ真っ暗なテント場が多いので、事前に蝋燭のランタンを購入しておりましたが、ありりゃ、光量が足りないし、また夜には度々強風が吹き、ランタンは敢えなく討ち死にとなり機能しませんでした。とほほっ。(カンタンなランタンでは駄目だっちゅーの! はい反省してます。)

それでタープの下で、ヘッドランプを使い調理であります。砂肝を焼き直してウィスキーで一杯しつつ、お湯をわかしてレトルトのこくまろカレーと、マルタイの棒ラーメンで食事となりました。ファミリーのオートキャンプ組の豪華なバーベキューにも負けない?十分質素で素敵な夕食に満足しつつ、さらに寝酒のウィスキーを飲んで就寝しました。

しっかし、やはり蚊帳テントには夜風も吹き込み、これまたとほほっなことに十分寒くて深夜に目覚めるのであります。それでゴソゴソ起き出して、余っている衣服を着込み、シュラフ頭部にあるヒモで開口部を絞って寒さ対応であります。

そしてまた眠りについたのですが、朝4時、今度はタープを叩くいやな雨音で目覚めました。天気が急変する事は知っていたので、緊急起床です。偉いっす!濡れると困るシュラフと蚊帳テントを仕舞い、タープだけの住空間を残し、これで雨は十分避けられるので、タープの下で朝飯の準備を開始しました。非常食のアルファー米食品は、袋を開けてその袋へ熱湯を注いで約15分で炊き込みご飯となるのですが、味もまあまあで緊急メシに使える事を確認しました。

その後、天気は一時的に回復して薄日も射し、キャンプ場は平静を取り戻すのですが、撤退方針に変わりはなく、6時半頃にキャンプ場を出発し、徒歩で山を下ってバス停のある松原湖前に移動しました。

こうしてその後、バスに乗って小海駅に9時過ぎに到着するのですが、山の方はかなり黒い雲に覆われており、この駅前にもすぐに雨が降り始めました。撤退作戦はこうして成功したのですが、高速バスが出るまで延々と5時間くらい野辺山駅で待つこととなり、とほほな撤退となったのも事実であります。しかしその間にも気温はぐんぐん下がり7度くらい、昨日のうららかな陽気からは10度以上下がり、やや激しい雨と風、そして落雷もあり、待合室にいる薄着の観光客達は〈寒い、寒い〉を連発する気候となりました。

自宅へ帰ってから、北アルプスの遭難事故で多くの犠牲者が出たことを知りましたが、連休当初の週間天気予報はほぼ晴れ予想でした。山の天候、それも5月は冬山なのを改めて確認しました。今回はたまたま装備があり、またキャンプ場も近くに変更していので事なきを得ましたが、今後の野宿には色々と参考となりました。

image

今回の全装備をこの50リットルザックに収納しましたが、テントとマットは外装してあるのでかなりの容量増加となっています。重量は約13キロです。もっと軽量化も必要だと思いますし、築20年以上の我が家もそろそろ傷み始めておりますが、これで老人徘徊というか、老人家出の予行練習となりました。

さてあなたの町へはいつ行くのだらう。( 前から言ってるけど、来なくていいからね)

     山見上げ ザックの重み 春嵐     

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

連休終了! への4件のフィードバック

  1. おがちゃん より:

    こんにこちわ。初めての農耕作業お疲れ様でした。収穫が楽しみですね。
    ターフかっこよくセットできてますね。宿泊体験記の臨場感ヒシヒシと伝わりましたよ。
    好天時と風雨強しのギャップ多いかもね、今後の降雨時の対策・・・一考が必要かもね。
    今週の工事ツアー参加しますので、農作業&ターフ泊体験記など聴かせて九打差~井!

    • ヨーガ より:

      お仕事ご苦労様です。
      農作業は取り敢えずの判断でしたので、みんなで点検してくださいね。ソロキャンプも一人の判断しかありませんが、面白かったです。もっと軽ければね。

  2. 八木誠一 より:

    はじめまして。八峰村ファンクラブというブログを運営している八木と申します。
    たまたま検索にかかり、貴サイトの存在を知りました。松原湖少年探偵団の方だったんですね。たしか松原湖別荘地内に山小屋というか拠点施設がありますよね。そんな方が今年から八峰村のオーナーになられた。ヨーガさんて、もしかしてHさんのことですか? 八峰村畑開きでお会いしているはずですよね。いずれにしても、よろしくお願いします。
    ところで、貴サイトに八峰村ファンクラブからリンクはってもかまいませんでしょうか。

    • ヨーガ より:

      八木さんへ
      コメントありがとうございます。
      八峰村の畑開きに参加したHです。今年度の松原湖少年探偵団の役員をしています。
      このブログは松原湖や探偵団のことばかりではないですが、それでよろしかったらリンクしていただいても大丈夫です。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中