大阪、ご近所紹介

やっと、涼しくなってきた大阪です。
 
先週は、火曜日~金曜日の3泊4日の中国地区出張でした。
 
三原~福山~倉敷~広島~浜田( 島根県)~広島~三原~岡山~大阪戻り
 
さすがに、3泊するとベッドや枕が合わないホテルもあり、
食べる時間や内容にも偏りがあり、今回は体調不良を感じつつの帰還でありました。
ここに来て出張が多いですが、海外で単身同期も居り、危険な地域にも行商とのことですので、
日本国で立ち飲みできるだけでも幸せということにしませう。
 
( ※えっー、どこで? 広島の駅近くだよ!久しぶりに行くと、店はそのままだけど、3人のスタッフが全員代わっているというのはいかがものでしょうかねと、色々と考えつつ、ハイボール、焼酎、しゃけの昆布〆、串揚げ2本を平らげて1300円ほど。広島市には立ち飲み珍しいというか、2-3軒しか無さそうです。ここは、福本屋、工事用のパイプでテーブルの足を組み立ててあるなど、ちょっと参考になります。広島駅を背にして、右方向に行って、信号を渡り、高架下にある立ち飲みです。ょ)
 
久々に大阪に戻り、昨日は事務処理して、今度は大阪の立ち飲み屋さんへ
 
(※えっー、どこへ? 天満駅の立ち飲み激戦区にある、大安 へは初出撃とあいなりました。この店は海産物が特徴とのブログ知識で訪問しましたが、立ち飲みでありながら、刺身類などが充実しております。たらの白子だけでもは、天ぷら、醤油焼き、湯引き とメニューにあり、まるで割烹居酒屋であります。しかも、店員は料理1名、接客1名での対応です。手間の掛かる料理も多く、混んできたら大変そうだなと思いましたが、料理の数々は素晴らしいです。頼んでのは、刺身三種盛りで600円、ふぐとマグロとはまち、しかもふぐはポン酢とモミジオロシ、それに本当の紅葉の葉が1枚という具合です。そして、明太スパゲッティサラダ 280円、これもマヨネーズと明太が絶妙で好みでした。焼酎は松露のロックをいただき、満足の1600円で 投了!! )
 
また立ち飲み記事ばっかりで、近所にある、大塩平八郎の菩提寺について書くつもりが、、、、。
 
 
ここ、ここです。徒歩10分のところにある、成正寺であります。天保の飢饉のころ、腐りきった藩政と豪商の癒着に敢然と立ち向かった元幕臣の大塩平八郎であります。( ふっー、歴史教科書には、大塩平八郎の乱としてあったのは記憶していましたが、細部をちょい調べてみました。)
 
その寺に貼ってある今月の標語、
 
  愚人に ほめられたるは 第一のはぢなり
 
手振れで恐縮ですが、なかなか味わいのある標語であります。
最近、ほめられた事はないので、まだ、大丈夫かもしれのせぬ。
それにしても、立ち飲みの記事ばかりで、第二のはぢじゃない? えっ、なにか!?
 
 
 
 
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中