またしても年の瀬、歳のせい、都市のせい

ついに12月の年の瀬であります。
大阪で年の瀬を迎えました。
ボーナス、クリスマスの気分ではなく、この不景気気分は、我が魂におよびぬ。
ということで、気分を変えたい、お年頃。
 
そうだ、京都へ行こう!
 
ということで、日曜日は京都に行ってまいりました。
おおおっ、ここは不況ではない、観光地の賑わいではありませぬか。 
 
 
嵐山の渡月橋でありますが、どう見ても、渡人橋であります。
 
昔、昔、遠くに去った大学生時代、貧乏旅行の京都で、泊まったところは、友人の親戚の空き家でありました。
ガス、水道、電気もなく、そしてふとんもなく、新聞に包まり、秋冷えの夜を過ごしたのでありました。
寝ていると、ぞくぞくと腰、肩と次々と冷気に襲われ、結局、朝まで寝られないのでありますが、
しかし静寂の京都の寺を回り、安酒を飲み、関東にない油揚げのどんぶり、きつね丼を初めて
京都で食べたりと、元気溌剌と京都見物しました。
その頃の京都は、よかったなーと書き出すと、中年の回顧趣味となりますが、
今住んでいるところから、950円、約50分で京都であります。
 
 
今、売出し中の宝厳院の庭に入るのに、30分、中に入れば住職に怒鳴られて、ぞろぞろと回ります。とほほっ。
 

500円払って、怒られて、もう二度と京都にはこないぞっーーー。
と、最悪の京都のご報告でした。ぶちん!
 

 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

またしても年の瀬、歳のせい、都市のせい への4件のフィードバック

  1. おが より:

    こんばんは。思い出すねー、おんぼろ車を走らせ京都・渡月橋の横で一泊したなー学生時代貧乏旅行でまともな宿泊は出来ない。しかたなく、おんぼろ車で橋の横に車を止めて寝ていたら警官にしょっ引かれた思い出が・・・・あーなつかしや貧乏旅行でがんした。しかし、料金とって怒鳴るなんてクソ坊主このうえないって事かいなー。

  2. 豆ぞー♪ より:

    行列の写真!すごいですね。坊主に叱られ、何だかな~で、お疲れ様でした。相変わらず、週末観光エンジョイしてますね。ヨーガさん、たまには帰って来てぇ~。そんでもって駅前のパルコ待ち合わせで 『光のページェント』 見ながらデートしない?

  3. ヨーガ より:

    おがちゃん賛江おおっ、おがちゃんも貧乏旅行ですか。貧乏のほうが、思い出が鮮烈なのはどうしたものか。ちょっと観光旅行するより、やはり山へ分け入りたいものであります。しかしちかくの京都、哀愁の思い出にも浸りにね、もう一度、真冬にいくです。

  4. ヨーガ より:

    豆さまへお晩です。仙台・東北紀行は、ちょっと先にさせてください。光のページェントの季節ですね。爺としては、デートなどとは敷居が高いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中