自宅潜伏中

なかなかまとまって記事を書く時間がありません。
 
昨夜は、品川駅東口のおしゃれなカフェで仕事酒でしたが、ニューヨークをイメージした店舗・街作りというのに違和感を感じました。品川でニューヨークって、あーた、何事も無理は禁物であります。
 
 
そういえば学生のころ、品川駅の東口から徒歩15分くらいにあった高島屋の配送所で、お歳暮を梱包するアルバイトをしていたのですが、倉庫が立ち並ぶだけで何もない街でした。
 
あれから、どれくらいの日々がたったのだろうと、オヤヂは立ち止まります。トーキョーはどんどん街が変わり、思い出を引っ張り出すのもはばかられますが、どっこいしょと引っ張りだすと、、、
 
あの配送所の休み時間に、ドアーズのジム・モリソンの不可解な死が話題になりました。ジム・モリソンは、『L.A.ウーマン』録音後の1971年7月3日にパリのアパートで不可解な状況で死亡したのですが、当時ヨーガ20歳、ロックの熱に浮かされていました。
 
         思い出の扉は重くジム・モリソン    季語なしヨーガ
 
ととりとめのない思い出をひっぱりだした品川駅東口の録画中継を終わります、ブチッ!
 
追補
もし知覚の扉が浄化されるならば、全ての物は人間にとってありのままに現れ、無限に見える。  ウィリアム・ブレーク
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

自宅潜伏中 への2件のフィードバック

  1. yoyoyo より:

    わかります、わかります。
    本当に「あーた」といいたくなるものや場所や
    この国にはたーくさんあります・・・

  2. ヨーガ より:

    yoyoyo賛江
    連続投稿りがとうございます。
    仙台日記を落ち着いて書けた日々が懐かしうございます。
    あーた、と言えば林家三平師匠でしたが、こちとら仕事であーたふーたでい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中