新幹線読書批評!

おはようございます。
 
仙台気温11度です。寒いです。昨日のトーキョーとは15度以上も違い、北国に帰ってきたなぁーという気候であります。
 
さて、昨日仙台戻りの新幹線読書は、臨終ではなくて、林住期 という 50歳から75歳の人生の後半期の過ごし方についての本でした。
 
 
それなりに提案している内容は参考になるのあります。しかし、字は大きく、中身自体は束(つか:本の厚み)を出すために200頁以上にの単行本となっていますが、繰り返しの内容が多く、半分くらいのページで十分です。
 
見城徹氏( 幻冬社の代表) と雑談をしているうちに、その場の提言で執筆を依頼されたと作家も述べていますが、こんな本を作っていると、幻冬社も厳冬社になっちゃうぞ、とオヤヂ批評して月曜日を始めよう。
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

新幹線読書批評! への2件のフィードバック

  1. 豆ぞー♪ より:

     週末はお任せ!!のしっかり暗黙の了承にて、
    ヨーガ兄貴留守の地元パトロールをしっかとしていました。
    しかし、毎度の事ながら、1人でウケてます。
    土曜、フジサキ前のエイサーショーにて、カメラ片手の殿方を見て
    ヨーガ兄貴じゃなかろうかと、緊張の面持ちで、チョコンと横に立って
    みたりしていましたが、全くの他人だったようで、恥ずかしい次第でした。
     
    林…、林…、小林・大林・中林・若林、古林、桐林、梅林…、林も色々ありますの~。
    一瞬、林なにサン かと思いました。

  2. ヨーガ より:

    いつもながら留守番ありがとうございます。
    ハヤシもあるでよ、、というのもありますが、お勧めしない読み物であります。
    トーキョーにはカメラ忘れて、友人画像でしのぎました。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中