仙台昔町

ここは杜の都といわれる仙台ですが、景気回復の波は仙台にも押し寄せ、あちこちに高層ビル、マンションの建設ラッシュといってもいい状態です。そー、中心部にはルイ・ヴィトンの直営店も出来、ミニ・バブルであります。       
 
えー、そもそも、杜の都の杜(もり)とは、メインストリートにあるイチョウやケヤキ達 (  これはこれで大変すばらしい ) ではなく、家屋敷をとりまく 屋敷林をさしたものだとも言われています。仙台は城下町でありまして、あちこちに商人が暮らしていたのであります。今回は、城下町の町屋の面影がほんの少しだけ残る、仙台市中心より南側にある穀町、荒町、畳屋町、南鍛冶町辺りをレポートします。町名からして、暮らしの匂いでくらくらします。
 
 
 
 
そして遂に発見、炭火で焼いた魚を売っている魚屋さん。ぶりも紅鮭も美味しそうでしたが、紅鮭300円なりを買いました。香ばしくて、肉厚で、たいそう美味しかったのであります。老夫婦がやっている魚屋さんでありまして、お休みは何曜日と聞くと、うちは休みはないんです という返事でした。笑顔が素敵なおばあさんでしたが、ここにある焼き魚目指して、また、レポートいたします。大収穫の月曜日の夕方散歩でした。
 
      焼き魚 町屋の春も 暮れにけり  ヨーガ
 
 
 
さて、本日の夜にトーキョーへ帰ります。なんとか、ロック・フェスの疲れも取れ、杜の都から花の都へ上京します。うれしい四連休ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。ヨーガ、トーキョーに帰れば、近くの銭湯に入り、30円のマッサージ機で振動したいと思います。安・近・単では、一等賞だと思います。それでは、トーキョー日記でね。
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

仙台昔町 への5件のフィードバック

  1. ローズクォーツ より:

    ヨーガさん こんばんわ
    もう ご自宅での~んびり手足伸ばしていますか~?
    「杜」って 屋敷林のことだったんですか!? 風景がうかんできますね。
    この 「杜」という字 好きなんですよね。 こちらにも 町が市になった 「北杜市」があります。
    八ヶ岳の麓の辺です。  なぜか いいですよね~! この漢字。  変ですか?  
     

  2. おが より:

    あやーロックいったかと思いきやこんどは、杜の都めぐりですね。ファイトー
    なかなか味わいのある建物が覆いでござんすね。(なんか文字が傾いているーのは気の聖火やー!!)
    いや、いいねいいね着座かななんて店先で出しているってすくないからね。
    焼き魚は付きっ切りでないと美味しく焼けないので、お店の主人、気合が違うね。おおいいなあー。
    連休大切にね。ゆるりゆるりと疲れた羽をのばしてくだされ~~~~~~。ではでは

  3. ヨーガ より:

    ローズ賛江
    初日から集合がかかり、そしてP氏、おがちゃん氏と理由ありの追悼で痛飲しました。
    そして昨日は昼寝もして、のんびりしています。
    トーキョーはすっかり初夏て゜あります。

  4. ヨーガ より:

    おがちゃん賛江
    追悼飲酒、お疲れ様て゜した。
     

  5. ヨーガ より:

    ローズ賛江
    杜の字は、確かになにかロマンを感じさせます。
    出掛けの仙台、定禅寺ストリートもかなり芽吹いていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中