賢治の旅 VS 東北ロック・フェス 思案の激突!

一昨日はスクランブル発進して、昨日の夕刻、よれよれで帰還。
 
銭金だけではないビジネスの世界
 
パソコン一台、カバンに入れて~♪、旅にでるのも~、出張団の修行~!
 
愛だろ、愛といいつつ、煙に巻いて仙台に戻ってまいりました。
 
本日は書類整理の仕事があり、夕刻はトーキョーより家族が到着で、仙台夕飯となります。
 
さて、明日から2連休の予定ですが、ひょんなきっかけから東北ロック・フェスを発見。その名は、ARABAKI ROCK FEST.であります。あらばき とは ? 荒吐族に由来しているとのことで、下記へ。

荒吐族」は、こと東北において勢力を伸ばし、
平和と東北の尊厳を守る為に君臨した部族だといわれている。

その最も有名な人物が、「アテルイ」である。
アテルイは時の中央である大和朝廷の征夷大将軍・坂上田村麻呂と戦った勇士として歴史に名を刻んでいる。
大和朝廷は全国を制し、各地の部族の敗北だけがいままで伝えられてきた。

しかし、アテルイ没後1200年を迎えた今、新たな見解として
「アテルイ=東北」は時の中央に勝利した、という説が浮かび上がってきている。

アテルイの戦いに隠された謎は今になっては闇の中ではあるが、
この東北の歴史を照らす一筋の光がARABAKI ROCK FEST.の源流となっている。

このアラバキという言葉には、

平和と自分達が生きた地を、心から愛した「荒吐族」の大きな想いが込められている。
歴史と文化そしてロックの融合の中から、郷土独自の文化や人間性を全国へ発信する為に
更なる未来へ向かって創造的な生き方を目指した『祭』をこの地東北に築く為に、
ARABAKI ROCK FEST.は生まれた。

ここりっは、壮大なコンセプトではありませぬか。

東北に来て、初めて、アテルイという人物の名前を知りましたが、今日はアラバキという言葉も初めて知りました。歴史の教科書から抜け落ちていてたのでしょうか、授業時間にヨーガが眠っていたのでしょうか。いずれにしろ、蝦夷とかに結びつく民族であったかも知れません。

して、今日も凄いですが、明日のエントリーを見ると、エレファント・カシマシ、ドラゴン・アッシュ、ウルフルズ、UAなど凄いメンバーであります。

       http://arabaki.com/timetable/

賢治の山旅か、ロック・フェスか、困った中年は考え中!

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

賢治の旅 VS 東北ロック・フェス 思案の激突! への4件のフィードバック

  1. ローズクォーツ より:

    東北って、
    わたしにとっては、すご~く神秘なところです。 去年仙台に行くことができて、かなり興味持ちました。
    でも アラバキとか アテイルとか 宮沢賢治にでてくる 言葉とかね、 外国の言葉にしか思えないです。
    無知で恥ずかしいですが、益々 神秘の世界ですね。
     

  2. ヨーガ より:

    ローズ賛江
    そーなんです。なんかロマンというか神秘というか、北国の秘密がぷんぷんです。
    アテルイという名自体が異国そのものです。チンギス・ハーンとかと同じような感じがします。
    民話も遠野物語があるように、言葉が独特に発達した地域のようにも思えます。
    明日は、ロックかもです。
     

  3. おが より:

    こんばんは。連休の二者選択。そんで、どちらへ行くのかだあーれもわかりませ~ん。
    まあ、どちらにいっても楽しめることは確約保証するでえ~~。

  4. ヨーガ より:

    おか゜ちゃん賛江
    遊んできたのに恐縮ですが、疲労困憊のロック・フェスでした。
    とにかく、楽しみましたが、目の下に熊が出没中。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中