銭湯モードじゃなくて、そのー戦闘モードです

そろそろ会議資料作りは胸突き八丁、本日も資料の館へ出撃します。
 
朝飯は目玉焼き丼です。近くの生協で、いつも三個入り卵を買うのですが、使い切れずに最後の一つを余すことが多いので、早めに一個使うという決断です。( 卵一個使う時にいちいち決断してたら、疲れるでしょ!)
 
そんな決断も虚しく、目玉焼きを作ろうと、フライパンの縁に卵を強く当ててしまいました。勢いよく殻が割れてしまい、黄身が君ィ、君ィ、君ィーという感じでつぶれてしまいました。i miss you!うーん、決断のリキミがこの結果を生んだのかもしれないと弱く反省。
 
  
そして盛り付けましたが、本日は、レタスをいつもより細く切ったので、食感が格段に良くなりました。見た目は悪いですが、いままで作った目玉焼き丼ではトップ・クラスのお味でした。シメジの味噌汁も、長ネギは入れるタイミングをあとにして、シャキッとした食感が残り、いー感じ。繊細につくれば、それなりになるというのが料理なのであります。適当につくれば、たまには豪快にもなり、コレコハコレデ、大事です。そして、野菜不足は、ニンジン・ジュース、そしてお茶という布陣で、満足の朝飯終了。 
 
さて、画像の文庫本は、昨晩、25時までやっている大切な仙台の本屋、あゆみBOOKSで購入した、高野秀行 著 ワセダ三畳青春期、です。腰巻といわれる帯のキャッチにやられました。
 
      酒飲み書店員さんたちが強力にオススメする一冊
 
 
手書き風の文字で お勧め オススメ とかくセンス。そして酒飲み書店員という造語の新鮮さ。なんか昼から日本酒のみながら、強力に本を売ってくれているのでしようか。凄い!そして帯の裏には、8人の酒飲み書店員さんたちのお勧め文が載っています。むむっ、確かこの手の手法は、今をときめく、リリー・フランキー氏の東京タワー の売り出し方ではないかと、半端な思い出を引っ張り出しました。
 
まだ、読み始めですが、私も馬鹿だ大学に在籍していて、その頃、早稲田界隈に住んでいた友人達の安アパートを懐かしく思い出しました。安アパートを訪問して、100円しか持っていない友人を発見したりする事もありまして、そして、サントリー・レッドを近くの酒屋で買って来て、一緒に飲んだり、ゲロ吐いたり、さんざんな事をしていたのでアリマ、あります。そうそう共同の洗面所で吐いていると、住人のおばさんが出てきて、きれいにしてね、と言われたり、オカマの方の出勤時間に遭遇したりと、とにかくどきどきしていたウブなヨーガでありました。
 
実は、この頃の酸っぱい思い出を小説にという野望をもつていたのですが、安アパートに住む奇人・変人についてはこちらの青春期に負けそうなので、断念しましょう。( えっー、書く事ができないからでしょ!)
 
さて、昨日は自宅近くのカフェに久しぶりに潜入して、まったりとした時間を30分とりました。サニー・ドロップというカフェで、一度紹介していますが、誰かの居間にいるみたいな感じの調度品がちょうどいいです。@@;
 
それでは、死霊の館へ、おそる、おそる出かけるかにぃー。
 
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

銭湯モードじゃなくて、そのー戦闘モードです への2件のフィードバック

  1. yoyoyo より:

    卵は平らなところで割らないといけません
    殻の破片が入ってしまいますよ。
    いつもと違う場所で拝見していますもので・・・
    なんだか落ち着かずちゃんと読めていません
    超ピンポイントのコメントで失礼!
     

  2. ヨーガ より:

    yoyoyo賛江
    京都&法事、ご苦労さまです。
    本日、卵割りの儀式はなんとか無事に終了しました。料理の達人、yoyoyoさんにアドバイスいただき感激。(ちょいオーバーですが)
    無事に京都で湯豆腐たべられてなによりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中