小さな中華料理屋さん

本日は、曇天の仙台です。
 
仙台の街の力シリーズ( いつから始まったのかね?)は、上海料理の小さな店、海鱗(かいりん)です。最近では一週間に2回くらいは夕食を摂るほどにご贔屓にしています。
 
出来てまだ半年も経たない店ですが、上海出身のコックさんと奥様の二人のお人柄がなんとも素晴らしく、応援したくなる店です。場所は、大町二丁目14あたりで、広瀬通りからほんの5メートルくらい入ったところにあります、と言ってもわかりにくいですが、そのうちわかり易く説明の予定です。
 
昨日の定食( 一週間に2種類)は白菜肉糸(もう一つ糸)定食。スープ、野菜サラダ、フルーツ、ご飯がついて700円。塩味加減と強火でさっーと作る材料の火の通り加減で、幸せ気分の夕食でした。最近少しずつ混みあってきたのはうれしい限り。( 画像の 店のカンバンは別の日ですが、料理は昨日の晩のものです。)
 
さて、実務はなかなか手抜きも気抜きもできず苦しい展開、こんな時は、雨洗風磨( うせんふうま )とうそぶいて自分を磨いている修行中と割り切りましょう。 < 失せん。ふーっ!まぁー ?>とならないようにね!苦しい駄洒落で、本日はちょん。朝飯はお腹がゆるくて、お手軽版にしましたので、こちらは手抜きが出来て割愛です。
 
       気は抜けず お腹がゆるむ 秋の空     偏屈かな
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中