完全休日の巻

 
昨日の予告映画は、レイト・ショーだったので、自宅着が23:30と遅くなりました。その感想ですが、よほどの物好き以外はお勧めできない、ストーンズのゴシップ再現映画でした。そのなかで、ブライアン・ジョーンズ役は見ているうちに彼そのもののような気がしてくるのが不思議でした。面白くない点はたくさんありましたが、ロック・スターのさまざまな一面を推測できたのが収穫といえば収穫ですなっ。
 
そして本日は朝7時に起きると、曇りの予報かピカピカの青空なので、突然山に行きたくなり、ザックにいろいろなものをぶち込んで行ってまいりました。凄い行動力と、自我自賛。さすが完全休日。
 
場所は、宮城県と山形県境にある 面白山(おもしろやま)近辺。本日は、ピークハントではなく、ブナ林の散策という渋めな山歩きとしました。参考書の「ブナの山旅」( 山と渓谷社 刊  初版1999年9月10日)には全国120ヶ所のブナの名所が記載されています。この山近辺も推奨されており、山頂ではなく稜線まで登りましたが、凄くいい気持ちの一日となりました。
 
忌野清志郎ではありませんが、「誰よりも気持ちいいのは、このおじさんだぜ」と思う瞬間が2度ありました。
 
(その1)
やっと2時間半かけて、たくさんのブナを見ながら稜線まででると面白山の山並み、風にそよぐススキ、白い雲、が突然現れました。木陰に佇んで見上げていると、こりゃー幸せだわっ。
(その2)
下山してからの面白山高原駅ちかくで一人宴会、このために50リットルのザックを背負っているのですね。豚肉・ニラ・しいたけ・長ネギ・豆腐半丁をキムチ鍋として、缶ビール、焼酎。山と風を感じて酒を飲む、こりゃー幸せだわっ。こちらの方が解りやすいですね。
 
たわいもない山遊びですが、ブナ達の生命力も感じて、かなりの良い一日でした。詳しくは書きませんが、このコースは整備されていない箇所もあり、初心者向きではありませんでした。沢沿いに登る箇所では渡渉もあり、雨や増水時は危ないと感じました。
 
     ブナ緑 汗かき男の 白タオル   なんだか今三 偏屈     
 
追伸:さて今週末は定禅寺ジャズ・ストリート・フェスです。昨年に続き、探偵団の友達の後輩バンドもやってくるていうのがですが、今週も多事争論という感じでいかなる週末となることか? 
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

完全休日の巻 への2件のフィードバック

  1. ローズクォーツ より:

    なんとも、スケールの大きな贅沢ですね~!
    心の豊かさを感じます。大自然の中での、キムチ鍋!なんて!想像もつきませんでした。
    50リットルの苦労も一気に報われる瞬間ですね。うらやまし~!
    いろいろな、ブログを拝見するようになって、<目からうろこ>というか、今までの、
    私の価値観が変わっていくのがわかります。いろんなところに、幸せってあるんですよね!
     
     

  2. ヨーガ より:

    ローズ賛江
    夏はソーメン、秋・冬・春は鍋や焼肉、山でやる外宴会は、体を使ってから飲むので、一度やるとやみ付きとなります。自然を感じながら飲むのは、本当に贅沢だと思います。それで20年かぁー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中