地雷也でホーッ!

先ほど家族とお客様、第一陣が仙台を後にしました。
 
黄金週間 を仙台市街で初めて過ごしました。( おととしのGWは熱をだし、トーキョーへ戻れず、仙台で無念のふとん蒸し状態でしたと、遠くを見つめるオヤヂではあります。)
 
それにしても観光客がとても多くてびっくり、牛タンの有名店はどこも混みこみ状態で、鮨屋も昨日までは大変な賑わいとの事でした。昨日のお客様と家族との夕食は、鮨にするか、焼き魚系にするか大いに迷いました。結局、初めて入った店でしたが、焼き魚+山の幸系では、その名を轟かせている 地雷也 に潜入しました。電話で初夏の味、ガゼウニ か゛入荷しているとのことを確認し、結果、大正解となりました。
 
 
地雷也 ( 〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2-1-15 猪股ビルB1)
 
まずガゼウニ、小ぶりな紫ウニでしたが、つぶつぶが甘く新鮮で、スプーンですくって一口でウニの国へワープ。続けて、2口めのウニをスプーンですくって、目をつぶって食べ至福のオヤヂ状態は、天国クラス。
 
次は、山菜天ぷら竹の子、タラの芽、こごみ、ふきのとう、しどけ の5種類でしたが、新鮮で、こちらも目をつぶってうっとりする天国オヤヂ第2弾。
 
ヨーガの所属する松原湖少年探偵団は、来週の土日に長野の松原湖高原に入り、恒例の山菜ツァーを予定していますが、直取り山菜天ぷら歴15年のヨーガを唸らせる、美味しさでした。( 私、野山で、こごみや、タラの芽、うど などは識別して発見することが出来ます。@@;)
 
さて、メインはキンキの焼き魚。仙台では大変珍重されている焼き魚で、だいたい時価と書いてある料理屋が多いのですが、昨日は、キヨブタ ( 清水の舞台から飛び降りるの略語と聞いてます)となつて、キンキの焼き魚を注文しました。キヨブタはちっょとオーバーなので、キヨコブタのキンキですが、勿論、豚肉料理て゜はありません。絶妙の焼き具合、炭焼きで香ばしく、脂がのってとろーりの焼き魚、仙台で珍重されているのが分かる美味しさでした。しかも食べたあとは、スープにして出してくれるので、一度で二度美味しいでした。
 
この店は、接客も気さくでとても感じがよかったので、お味ともども、銀色ランクのお店とてヨーガ推薦です。
 
追伸:べこ政宗の牛タンの味についての疑惑は、確証もなく、あまり誹謗中傷して商売の邪魔をしてはとも思うので、こごでお仕舞いです。( それにしても一昨日は物凄い混みようで、接客は完全に後手に回っていました。GW時の飲食店は、接客キャパに問題ありそうです。)
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中