黄金週間の二日目

さて、予告の映画鑑賞。昨日は早めに仕事を終わらせ、仙台フォーラムで17:10から上映に間に合いました。
 
 ブロークン・フラワーズ
 
見事に砕け散りました。かつてモテモテで女性遍歴をしてきた主人公は、中年になって同居人に愛想をつかれて再び一人ぼっちに。昔、付き合った女性から19歳になる息子がいると匿名の手紙がきて、お節介な隣人の指示のもと、その手紙の主を探すというストーリー。
 
テンポは悪いし、泣けないし、笑えない。黄金週間に見てはいけない映画として、ヨーガどんより鉛色映画指定します。
 
このテーマをいただいて私が映画を撮りたいくらい、魅力的なテーマではありました。
 
先週の水曜日に出張した時に聞いた ダイアナ・クラール < ライブ・イン・パリ > をTSUTAYAで借りました。匂いたつようなヴォーカルと実力を確認、こちらはヨーガお勧め 銀色アーチストとして選定しました。(  うーん、かってに色々、色をつけるな!)
 
TSUTAYA広瀬通り店でレンタルのついでに、レンタル見切り品のセール。で、CDアルバム、3枚900円で購入。
 
ギルバート・オサリバンのベスト盤が100円
  ※ やはりアローン・アゲインは不朽の名作、安いと思って買ったら、歌詞カードなしでした。@@;ょ
竹内まりあ ボナペティ! が300円
 ※偏愛する山下達郎の奥さんですので、確か5-6年前のアルバムですが、喜んで購入。
サザン・オールスターズ キラーストリート が2枚組で500円
 ※こちらもほぼ同世代に近い(  気持ちだけでしょ、近いのは? ) ということで応援しているのですが、このキラー・ストリートは安易な曲作りだなと思って聞いていなかったのですが、500円ちいうところで渋々購入。( やっぱり安易が濃いいっ)
 
評価はこれからですが、①はやはり素晴らしいですね。
 
そして残りの黄金週間の5月編は、トーキョーより大挙して仙台へという事になり、私も仙台に居座りますので、引き続き仙台情報をお送りします。
 
さて本日は、ジュビロ磐田対ヴァンフォーレ甲府のリーグ戦あり。それぞれ、上位に食い込むためには負けられない試合です。前回、お菓子杯では引き分けで、ぜひとも決着をつけたいところ。不信感はあいかわらずですが、戦うレベルまできているので、接戦での勝利を期待するのが、ジュビロ病患者。
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中