結構、お疲れで帰還すっ。

弘前から片道の約3時間半で、仙台へ帰還。
 
私の出張地域としては、一番遠いかも知れません。へとへとと言いつつ、夕飯はとーぜん外食。仙台の名店食堂、ブラザー軒で、上海風焼きそばを頂く。
 
このブラザー軒は、何回かブログにも登場していますが、店内の天井には、大型の扇風機がくるくると回り、昭和の気品あるレトロ空間となっていております。好きな店の一つです。
 
さて、昨晩は雪にひっそり静まりかえる街、弘前に23時過ぎに着きました。ホテルまでの雪道をペンギン歩きで全身で前進してチェック・イン。@@;
 
そして、本日の仕事をこなしての帰路、弘前駅につながる商店街を歩くと、お目当ての書店に到着。珍しく特急の発車時間待ちで1,時間ありで、紀伊国屋書店 弘前店へ飛び込みました。結構、地方の書店の中では大きな店舗で店内の本好きの書店員の感じが好きです、この店。
 
入り口には、紀伊国屋のベストセラーが掲示されていて、なになにと、確認すると、2位の リリー・フランキー氏( 今月にこのブログ登場)、10位の吾妻ひでお氏( 昨年の夏、このブログに登場)と なーんだ2冊もはやりものを読んでいるではないですか。ミーハー・オヤヂを確認して、音楽雑誌コーナーに移動すると、私を呼び止める雑誌あり。 夢ムック ボブ・ディラン ( 河出書房新社 文藝別冊 )、発行年を見ると2002年5月31日で、しかも在庫1冊。
 
トーキョーで、ディランの映画、仙台で海賊盤のCD、そして弘前で1冊しかないディランの雑誌。むーん、また、禁を犯して買う羽目に。不思議な縁が続くけど、円も続くかな? (  結構、良い内容に納得の1143円、税抜き ではありました。)
 
さて、東北での仕事もそろそろまる3年、今年の春は、同じ吹雪でも、弘前の桜吹雪に降られてみたいと、密かに計画中。うまくいったら、もちろんひっそりとアップします。( 仕事をさぼるのねっ、ひっそりって、どーやって?)
 
ではでは、雪深い東北より出張報告を終わります。ぶちっ!
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

結構、お疲れで帰還すっ。 への2件のフィードバック

  1. _♪ より:

    こんな雪深い所へわざわざお出で下さって、ほんとお疲れ様でした。
    雪の無い仙台へ帰られて「ホッ!」としてることでしょう。
    こちらはその雪の無い仙台へ25日から出張でした。
    一関あたりからだんだんと少なくなっていくんですね。
    仙台に着いた時、一瞬、「春じゃないか!」と思ったほどです。
    出張を終えてこちらに帰ってきた時の雪のギャップは、何ともいえない悲しい色に見えました。
    おんなじ東北で、どうしてこうも違うのか?
    (雪も、人も、物も!)
     
    ※ペンギン歩きって、ちょっとだけ想像してしまいました。^^

  2. ヨーガ より:

    ようやくコメントが入力できました。
    本当に弘前の雪はなかなか手強かったです。確かに、真っ白な世界から仙台へ戻ってくると春と思いますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中