さて、牡蠣の季節!

水曜日、仙台藩へお越しの2名のサラリーマンは実は、以前紹介した、長野で山小屋を建設している松原湖少年探偵団( 8月14日の日記に記載)のメンバー2名だったのですが、さすがに筋金入りの酒飲みで、混んだ店内のオーダー状況の先を予測して、刺身が来る前に、日本酒が待ち構えるのが大切と、ビールの乾杯もそこそこに、もっきりの純米日高見をフライング気味に確保して、刺身待ちとなりました。いわしの丸干し、も絶品でした。そして、いったん気に入ったとなると、かなりの酒瓶を倒して、仙台藩を過ぎ去りました。
 
出張慰問団、ありがたいもんです。また、きてね!
 
2名の要望により、魚が安く食べられる飲み屋という命題のもと、国分町界隈を避け、大町の広瀬通り近くの どん亭 を選択しましたが、結局、酒瓶の数がものをいい、一人4500円となりました。
 
  青葉区大町2-14-14   TEL022-222-7807
 
ここは、会社勤務のとき、昼飯で寿司を食べたいときの2軒のうちの1軒て゛もあります。
 
さて、牡蠣の季節、仙台の名店 かき徳 へ、この季節で初めて牡蠣フライを食べに、行きました。本日の昼飯でしたが、店内はTVで紹介されたばかりということで、11時45分頃入ったのですが、すぐに満席となりました。
 
   青葉区一番町4-9-1 かき徳ビル2F  TEL022-222-0785
 
かき徳定食は、牡蠣豆腐と牡蠣海苔と牡蠣しぐれ(佃煮)、がついて1890円、して、グラスビール420円をつけて、仙台の秋冬の味覚を堪能。お味は、愛情ある揚げ方で、ふっくら。ほんとうは、余計なものがない一品料理のほうの牡蠣フライ(1050円)がより美味いですが、昼ビールのツマミとしてセットとしました。
 
仙台に秋冬にお越しの方には、おでんの三吉とともに、お勧めの一店。 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

さて、牡蠣の季節! への2件のフィードバック

  1. おが より:

    毎回味わいのあるプログで関心しきりだ。只今読んでいる池波正太郎氏の「食卓の情景」の現代版を連想させるねえー。店の雰囲気やお品のコメントなど、なかなかいけてるですよ。この調子でガンガンこれからもいきましょう。それと、この間は「秩父宮」いけなくて御免なさい。残念でした。今度は体を鍛えてお待ちしております。

  2. ヨーガ より:

    おがちゃん賛江おばんです。宵しょ、ありがとうございますでごわす。ラグビー中の秩父宮宴会、ぜひ! その後の、冬の散歩道での二次会もぜひぜひ! 本日の天気予報、北海道の旭川に初雪マークで、東北地方も、そろそろ、冬将軍のお出ましですっ。体調に気をつけて、次の宴会を待っててね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中